テクノストラクチャーの家

強い構造がもたらすオープンで自由な空間

強い構造がもたらすオープンで自由な空間

テクノビームの強さがもたらすメリットは耐震性だけではありません。強い梁の存在により、従来、柱や壁で支えていた空間をよりオープンにすることができるようになりました。

  • 一般的な木造住宅の室内空間

    一般的な木造住宅の室内空間

  • テクノストラクチャーの室内空間

    テクノストラクチャー
    の室内空間

タテヨコひろびろ・
オープン空間

タテヨコひろびろ・オープン空間

テクノストラクチャーでは、一般的な木造軸組工法で約 3.6mしかとれなかった柱と柱の間を、最大約5m(壁心寸法)まで広げられるため、20畳以上もの大空間が実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も自由です。また、テクノ接合金物の採用により、従来柱の接合のために必要だった「ほぞ加工」が不要に。柱の長さをまるまる生かした高い天井高が可能になりました。2階建住宅でLDKは最大2.5mもの天井高が実現できます。

  • 梁が弱い場合

    梁が弱いとたわみが出て、構造全体もグラグラ。

  • 柱や壁がたくさん必要

    補強のためには、柱や壁がたくさん必要で、間取りも制約されます。

  • 梁の強さが空間を支える

    梁の強さが大空間を支えます。