テクノストラクチャーの家

テクノストラクチャーでは、すべての家で災害を想定した耐震チェック(構造計算)を388項目に渡って行っており、一邸一邸ごとに作成した構造計算書をお渡しいたします。

自動躯体設計システムによる緻密な構造計算

近年、木造住宅でも構造設計や構造計算の重要性が叫ばれ、構造設計の実施をうたう住宅も増えてきています。しかし、ひと口に構造設計と言っても、その内容はさまざまで、そのほとんどが、家としての最低限の条件を満たすために、法律で定められている基準のみをクリアする壁量計算と呼ばれるものです。

テクノストラクチャーでは、法律で定められた壁量計算だけでは不十分と考え、より高度で多角的な『3D解析』で388項目(多雪区域は440項目)ものチェックを実施し、構造的に負担のかかるあらゆる部位の強度と、住まい全体のバランスを十分に確保できるようにしました。

テクノストラクチャーの
388の強度チェック項目

  1. 基礎強度

    基礎強度

    101項目

    テクノストラクチャーでは地盤の地耐力や間取りに応じて基礎の形状や仕様、鉄筋の配置や寸法を決定しています。自重だけではなく地震などの水平荷重に対して、最適な鉄筋が配置されているかなど、幅広くチェックし基礎の強度を確保しています。

  2. 柱強度

    柱強度

    62項目

    建物の自重や家具の強さ、雪、風などの荷重により、柱の強度を上回る力が加わると、柱自身が曲がったり折れたりし、住まいを支える柱としての機能を失うことになってしまいます。テクノストラクチャーでは構造計算により一本一本の柱に強度を上回る力がかかっていないかチェックし、適切な構造材の配置を行っています。

  3. 梁強度

    梁強度

    129項目

    建物の自重や、地震や台風等の短期に加わる荷重に対して梁部材(テクノビーム)の強度が上回っているかを一本一本についてチェックします。構造の要となる梁において、テクノビームのたわみ量、曲げ強度等の設計基準を設定しています。

  4. 柱接合部強度

    柱接合部強度

    32項目

    耐力壁に水平力がかかると筋かいなどを介して、柱に上方向の引き抜き力と横方向のせん断力が働きます。テクノストラクチャーでは柱と梁、柱と土台の接合部にドリフトピン接合を採用し引き抜き力とせん断力に対して充分な強度を確保しています。これらを上回る力が発生する場合にはホールダウン金物を配置しています。

  5. 梁接合部強度

    梁接合部強度

    26項目

    一般的な木造住宅では、梁などの横架材同士の接合強度のチェックは厳密に行われていない場合がほとんどです。
    テクノストラクチャーでは、すべてのテクノビーム同士のボルト接合部の強度が十分かどうかしっかりチェックしています。

  6. 耐力壁の量

    耐力壁の量

    18項目

    地震や台風といった水平方向からの力を受け止めるのが、筋かいや面材のある耐力壁です。その耐力壁が、平面のX方向、Y方向の耐力壁線ごとに充分配置されているかチェックします。地震力では各階の荷重が、風圧力では各階見付け面積が算定の基準となります。

  7. 耐力壁の配置

    耐力壁の配置

    12項目

    耐力壁の量が充分でも配置に偏りがあると、力を受けた時に壁の少ない方向がねじれ現象を引き起こし破壊する危険が生じます。平面的な耐力壁の配置バランスを偏心率で算定し、立面的な偏りを剛性率で算定しています。

  8. 床強度

    床強度

    8項目

    地震による水平力が各耐力壁に均等に伝わるためには、床、屋根などの水平構面の強度が十分である必要があります。テクノストラクチャーでは耐力壁線間隔、耐力壁の配置バランス、吹抜けの有無などに応じて必要床強度を計算にて確認しています